第133回 BOX STALLION

【BOX STALLION】
64 Tubbarubba Road, Merricks North VIC
Tel: +61 3 5989 7444
Email: wine@boxstallion.com.au
h t t p : / / b o x s t a l l i o n . s t r e e t –
directory.com.au/

霧雨の中をドライブした。メルボルンから1時間ほど南下したモーニントン半島は、南極からの風が届くため、市内よりも風が強く、ひんやりとした霧雨が何度も通り過ぎていく。メルボルンもシドニーから来た身には冷えると覚悟していたが、モーニントン半島は一層冷え込んでいた。

どんよりとした天気の中、最初に訪れたワイナリーは「BOX STALLION」だ。以前からメルボルン在住の友人に評判を聞いていたので、絶対に回りたいワイナリーのひとつだった。この日は、結婚式のレセプションでレストランを貸切にしていたが、特別に試飲だけさせてもらえた。ワイナリーの主人であるギャリーさんが、ひとつひとつのワインについて説明をしてくれる。

モーニントン半島の気候はタスマニアに似て、冷涼なためピノ・ノワール種の栽培に適しているという。ギャリーさんは、ピノ・ノワール種を「ポーカーフェイス」と例えていた。デリケートな品種で、出来の良し悪しがガラリと変わるためだ。そんなポーカーフェイスのピノ・ノワールもこちらのワイナリーでは06年の出来が良く、「2006 The Enclosure Pinot Noir」は好評で10ケースしか残っていないという。別のピノ・ノワールと飲み比べたところ、06年の方が後を引くような香りの余韻が楽しめる。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

メルボルンのスタートアップ、バーディーが、ハエの幼虫を使ったゴミ処理ビジネスを展開しています。さて、このエコビジネス、処理過程で発生するのは水と何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る