第148回 PEWSEY VALE

ワインに含まれる酸化防止剤が翌日の頭痛の原因となる、という話を聞いたことがある。豪州産ワインで主に使用されているのはPreservative(220)と(224)で、(220)の方が多くのワインに使用されているようだ。先日、この酸化防止剤を除去する製品を見つけた。Pure Wineと名付けられたこの製品は、ワイン150ミリリットルに対して1滴混入させるだけで酸化防止剤を除去できるそうだ。科学者ジェームス・ペニントン氏によって開発された商品で、大手リカーショップでも取り扱っている。どのような仕組みで酸化防止剤を除去するのか気になって調べたてみたが、企業秘密なのだろう、成分については記載がなかった。

目薬の容器くらいの小さなボトルで、液体は無臭、透明だ。ワインの味や香りに影響を与えず、酸化防止剤を除去できるというのがセールスポイント。この日はPEWSEY VALEのリースリングで試してみた。写真を撮る際に、1滴どころか数滴垂らしてしまったのだが、味には全く影響がなかった。

PEWSEY VALEのリースリングは、ほどよい酸味のフルーティな味わいで、パイナップルと洋なしを混ぜたようなアロマも魅力だ。これらの魅力は失わせず、頭痛のもとだけ除去できるのはありがたい。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

食肉最大手JBSオーストラリアが豚肉生産最大手のリバーリー(Rivalea)を買収しましたが、リバーリーのオーストラリアの豚肉生産シェアは何%だったでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る