第141回 Peterson House(2)

先月の誕生日にハンターバレーの1日ツアーをプレゼントしてもらった。ワイナリーを訪れて、帰りの運転を心配しなくて良いというのは本当にありがたい。多少のわがままが許される日だから思い切り自分を甘やかそうと心に決めていた。ちょうど、立ち寄ったワイナリーで目にとまったオイスターバーの広告をよく見てみるとPeterson Houseのものだった。Peterson Houseと言えば、スパークリングワインを専門的に扱っているワイナリーで、看板商品のPink Bubblesは女性に人気でかわいらしいデザインの関連グッズも多くそろえている。

広告につられて早速、Peterson Houseを訪れた。オイスターバーで生ガキとスパークリングワイン「Cuvee」をいただく。Cuveeは生ガキに合う辛口で、後味もすっきりとしている。店内ではフルーティなタイプのスパークリングワインやシラーズ、メルローなど赤ワインベースのものも扱っているが、オイスターバーには特に生ガキに合うものが選ばれているようだ。

ワイナリーのテラスを利用したオイスターバーは、開放的で美しい景色を眺めながらいただくことができるのも利点。これからの季節は特に繁盛しそうだ。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

蒸留酒メーカーのラーク・ディスティリングが、タスマニアに3カ所目となる蒸留施設を取得しました。これにより、同社は以前から計画していたあることを、前倒しで実行するそうです。さて、それはどんなことでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る