第139回 Small Winemakers Centre

11月は豪州では花と新緑の季節。シドニーの街中でもジャカランダの薄紫色の花が咲き始め、ワイナリーのブドウ畑は青々としたブドウの木が太陽の光をいっぱいに浴びて、まさに育ち盛り。葉の間を分けてよく見てみると、ブドウの小さな花が無数に咲いていた。

今回、なるべく多くのワインを試してみたいという欲張りな気持ちから小規模のワイナリーのワインを集めたSmall Winemakers Centreを訪れた。この施設ではThe Little Wine Companyをはじめ、5つの小規模ワイナリーのワインが試飲できる。それぞれのワイナリーから赤、白数種類ずつ出展しているので試飲できるワインは数多く、ワインリストは10ページ近くにも及ぶ。セールスのスタッフも扱うワインのメーカーと品種が多くて大変そうだ。この日は、カウンターに4組の客がぎっしりと座り、スタッフは二人だけという多忙さだった。

こちらのセンターでは、ワインリストの中から5種類の試飲で、一人5豪ドル。1人1本以上ワインを購入すれば試飲は無料となる。運転手に徹するひとは「1杯だけ試飲」と言ってもチャージされるので併設されたカフェで一休みするのがおすすめ。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

メルボルンのスタートアップ、バーディーが、ハエの幼虫を使ったゴミ処理ビジネスを展開しています。さて、このエコビジネス、処理過程で発生するのは水と何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る