第138回 TULLOCH

ワイナリーはそれぞれ、アイコンを持っていると思う。例えばNZの「Oyser Bay」と言えばソービニョン・ブラン。メルローやピノ・ノワールも販売しているがそれらを最初にイメージする人は少ないだろう。南オーストラリア(SA)州の「Penfolds」は、高級ワインで有名なGrangeのシラーズではないだろうか。

先日訪れた「TULLOCH」では断然、シラーズの印象が強かった。ここは、ハンターバレー近郊に住む友人から薦められたワイナリーで「Pokolbin Dry Red」のシラーズはシドニーの酒屋にも卸している。しかし、実際に酒屋でお目にかかったことはなく、数店探し回ってもどこも売り切れだった。一般の酒屋では買えないワインもテイスティングさせてもらったが「Pokolbin Dry Red」の調和がとれた香りと味に魅了されてしまった。

テイスティングが進むにつれ、高価なワインが出される。「JYTSelection」のシラーズは1本50豪ドルの高値だが、やはり味の余韻を長く楽しめる特徴が際だっていた。「Hector Limited Release」のシラーズになるとより高値の1本60豪ドル。06年のものはすでに売り切れで、過去10年で最高の出来となる07年は、すでに購入予約が埋まりつつあるそうだ。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

蒸留酒メーカーのラーク・ディスティリングが、タスマニアに3カ所目となる蒸留施設を取得しました。これにより、同社は以前から計画していたあることを、前倒しで実行するそうです。さて、それはどんなことでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る