第135回 Willow Creek

方向音痴なので、今回のモーニントン半島のワイナリー巡りはカーナビが頼りだ。「B O XSTALLION」から次の目的地「Willow Creek」の住所をカーナビにセットしたにもかかわらず、一般農家に到着してしまった。よく見ると、ストリートナンバーが一つ違っている。住宅街であればナンバーが少し違っていたとしても、ある程度近くまで行けるが、こちらでは、1キロ近くも目的地が遠くなることもある。ハンターバレーではカーナビが圏外で困ったが、今回はカーナビに頼りすぎて自分の勘を失っているのかもしれない。

「Willow Creek」はワインセラーにレストランを併設したモダンな雰囲気のワイナリーだ。雑誌のインテリアに出てきそうなワインセラーは静かな音楽が流れ、スタッフも落ち着いた感じだ。

こちらのワインセラーに来るまで、細い道が続いていたが、その脇はブドウ畑になっているそうだ。ブドウ畑は数ブロックに分かれており、海からの冷たい風が吹いてくるブロックはピノ・ノワール種の栽培に適しているという。緑に囲まれているので忘れがちになるが、海はほんの数キロ先にあり、冷たく新鮮な南極からの風を送ってくる。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

オーストラリアのオーガニック食品業界の今年の成長率は、年何%と見込まれているでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る