第134回 BOX STALLION(2)

「BOX STALLION」でテイスティングをしている時に、オーナーのギャリーさんから面白い話を聞いた。数種類のワインをゆっくりと試しながら、ワイナリーや商売の話を聞けるのは実際に訪れた者の特典だろう。

こちらのワイナリーではドルチェット(Dolcetto)という品種のブドウから作られた赤ワインも人気らしいのだが、ワイナリーを訪れた人々はこの品種からフルーティーな甘口ワインを想像するらしい。それは、大手ワインメーカー「Brown Brothers」が販売しているドルチェット混合の赤ワインが、甘口なので「ドルチェット=甘口ワイン」と解釈する人が多いからなのだとか。そのため、客がドルチェットをテイスティングする際には、予めこちらのワイナリーのドルチェットはドライでタンニンを含んでいることを説明するのだと言う。

ティスティングしたところ、確かに「フルーティー」という印象ではなく、かすかに残るタンニンがドライさを助長している。ギャリーさんのお勧めは、ラザニアのようなこってりとしたイタリア料理に、このドライなドルチェットを合わせること。デザートワインにはならないが、メーンではしっかりと存在感を発揮してくれそうだ。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

食品業界で流行の概念「クリーンラベル」とはどういった概念でしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る