第132回 DE BORTOLI WINES(2)

9月に入るとすでに、年末を意識し始める。例えば、クリスマス用のクラッカー、ワイン、菓子の詰め合わせカタログが届き始めるのもこの頃だ。中学校の英語の授業で習った「サマーサンタ」の国、豪州ならではのラインアップで、カタログにはピクニックセットとスパークリングワインが大きく印刷されている。小さなクリスマスケーキも一緒に写っているが、ワインの方が存在感があるくらいだ。

今年の東京はずいぶん暑かった、と友人が言っていたが、彼女も暑さのせいか、今年はいろいろなスパークリングワインを試したと言う。イタリアのスプマンテ、スペインのカヴァと並んで豪州のスパークリングワインも頑張っているそうでDE BORTOLI WINESの「Jean Pierre Rose」は日本では1,280円で売られている。シドニーでは9豪ドルくらいで気軽に購入できるのがうれしい。シャルドネとシラーズを混合しているので、スイートな見かけによらず辛口の仕上がりだ。

日中の気温が高くなると、ほどよく冷えたスパークリングワインを衝動買いしたくなる。この際、年末用にケースで購入しておいても良いかもしれないが、年末までそれらを飲まずにいられるかは自信がない。

 

 

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

ソラマメが過去最大の豊作を記録しました。しかし、ここ1カ月の価格は上昇しています。なぜでしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る