第121回 Wattlebrook Vinyard

ハンターバレーでお薦めのワイナリーは?と聞かれれば自分のよく行く数件のワイナリーを挙げることができる。それではお薦めのレストランはどうだろう。実はハンターバレーに行くたびに探し続けてきたが納得のいくレストランを見つけられなかった。

雰囲気に凝っているレストランは多いと思うのだが、シドニーほどのチョイスは当然のことながらなく、値段が高い。ほとんどの場合、日帰りで行くのでランチをとることになるのだが、毎回ハンターバレー内を走り回った挙句、アイリッシュ・パブで量だけ立派なランチをすることになる。

今回も数件のランチをやっているカフェとレストランを訪れてみたものの、祝日のため予約で埋まっており、またいつものパブランチを食べるしかないのか、と諦めかけていたころ偶然「The Beltree」を見つけた。同じ敷地内にワインセンターを併設していてテイスティングもできる。ここのラムのすね肉の煮込みが長時間かけて調理されていてすばらしかった。最初のオーダーをとるまでに20分ほど待たされ、もう帰ろうかと思っていたが帰らずに待って正解だ。ワインはテイスティングした中から「Wattlebrook Vinyard」のシャルドネを選んだ。最近流行っているUnoakedタイプではなく、リッチな後味が残るところが新鮮だった。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

食肉最大手JBSオーストラリアが豚肉生産最大手のリバーリー(Rivalea)を買収しましたが、リバーリーのオーストラリアの豚肉生産シェアは何%だったでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る