第106回 Bass Phillip Wines

シドニーのロックス地区にある落ち着いた雰囲気の老舗タイレストランSailors Thaiでワインを選んでいたときに、「このピノ・ノワールはこのレストランの特注です」という文句が目に留まった。昔から「ここでしか飲めない」とか「特注品」という言葉に弱いので、迷わずそのBass Phillip Winesのピノ・ノワールを注文した。

出てきたワインボトルにはシンプルに品種のシールが張ってあり、ワインメーカーであるフィリップ・ジョーンズ氏のサイン付。正に「特注品」という感じがしてなお良い。グラスに注がれたワインはピノ・ノワールの明るい色合いはそのままだが、透明ではなく「にごり酒」のような白濁をもっており、明るい色彩とラズベリー、チェリーのほのかな香りが若々しいイメージを与えている。

Bass Phillip Winesはビクトリア州のギプスランド南部にあり、この地区でピノ・ノワールを作り始めたパイオニア的存在。酪農で有名なギプスランドは涼しく、湿った気候で、その中でも最も気温が低く風が強い南部の気候はピノ・ノワールの栽培に適しているそうだ。ワイナリーは商売っ気がないのか「電話予約により開店」と書いてある。それを見て無性に訪れてみたくなった。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

西オーストラリア州最大の穀物取扱業者CBHグループが、資源各社とあるものの争奪戦を繰り広げています。それは一体何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る