第212回 Ivanhoe Wines

【Ivanhoe Wines】

525 Marrowbone Road Pokolbin NSW 2320

TEL:+61 2 4998 7325

Ivanhoe Premium Wines

ニュージーランドから戻り、3月初旬にシドニーから車で3時間ほど離れたハンターバレーに行った。ハンターバレーではワイン会員になっている「Ivanhoe Wines」に立ち寄るのが習慣になっている。このワイナリーでは、会員が訪れた際にプライベートテイスティングを無料で提供してくれる。 この日、私たちにサービスしてくれたのはデニースさんという女性スタッフだった。デニースという名前はフランス語で「ワインの神」という意味があるそうだ。ハンターバレーで育ち、ワインエデュケーターとして勉強を重ねた彼女は、正しいテイスティングの仕方を丁寧に教えてくれる。 「テイスティングは1口目で口内を慣らして、2口目(セカンドテイスティング)の味を信じること」と彼女が教えてくれた。また、最後の一口は、口内で6秒くらい温めながら口に含み、舌の下で感じるようにするのがコツだそう。なかなか難しいテイスティング技法だが、確かにこうすると、セカンドテイスティングの味に変化が表れる。デニースさんお勧めの「2010 Shiraz Pressings」は特に、タンニンの後味が強いのだが口内で温めて飲み干すと渋みだけが主張するのではなく、フルーツの柔らかなアロマも十分に楽しめる。あと2~3年待てばより一層、口当たりの良いワインになることだろう。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

「牛を使わない」乳製品を開発したEden Brewは、代わりに何を使ってクリーミーなミルクを製造するのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る