第223回 Clos Pierre

【Clos Pierre】
International Liquor
522-550 wellington Road Mulgrave VIC

半年ぶりにメルボルンを訪れた。予想はしていたものの、冬のメルボルンは底冷えがした。昼間の時間が短く、冷たい風と一緒に雨が斜めから吹き付けてくる。そんな厳しい環境だが、特定品種のブドウ栽培にはとても適しているらしい。そのことを物語るように、メルボルンから90分ほど車で南下したモーニントン半島ではピノ・ノワールを主力ワインとして扱うワイナリーが多くある。半島に吹く冷たい南極からの風がブドウの病気を予防し、デリケートな品種の栽培に適しているそうだ。

同じく冷涼な気候での栽培が適しているのは、白ワインに使われるシャルドネやリースリングがある。シドニーに戻ってから酒屋の試飲コーナーで同じくビクトリア州のヤラバレー産シャルドネ「Clos Pierre」を発見した。早速試したところ、パイナップルと洋ナシのようなアロマとほのかなオークの香りがバランスよく、たいへん気に入った。ちょうど試飲用のボトルはそれほど冷やしていなかったのがさらによかった。自宅で冷やして飲むと甘みと香りが十分に引き出されず、苦味、渋みが強くなったので常温に戻したくらいだ。

豪州の冬、15度くらいの気温が実はシャルドネのようなコクのある白ワインには適している。冬は一般的に赤ワインの消費が増えるが、普段冷やして飲んでいる白ワインを常温で楽しむのに良い季節かもしれない。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

新型コロナや豪中貿易紛争の影響で縮小したSA州のロック・ロブスター業界に、州政府が支援の手を差し伸べました。どのような支援内容でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る