地声人語・湖城の窓から- vol.487

2021-2-5

【地声人語】

フェイスブックに盗聴されている気がしています。知人と眼鏡を買い替える話をしていたら、突然眼鏡店の広告が出現。トルコランプの作り方を学べるクラスの話をしていたら、その広告が出現。ついには、私には全く無関係の、家人の仕事に関する広告まで表示されるようになりました。アルゴリズムが高性能なだけでしょうか。この疑念は消えません。(岩下)

フェイスブックに踊らされている気がしています。フェイスブックの「友人」は200 人を超えましたが、この200 人が自分の交友範囲かというとそんなことはありません。FBにいない友人も多いですし、一言も話したことがないFBの友人もいます。その中で彼らのリア充の競い合いを見せつけられます。一方で、いまや年賀状は一通も来ません。この煩悶は消えません。(西嵐)

フェイスブックに無視されている気がしています。「友人」はそんなにいるわけではありませんが、たまにUpされるのは、ニュースと広告ばかり。個人的な投稿だ!と喜んでも誕生日のメッセージでガッカリ。SNS全盛の最近で、たまたま自分の友人は皆SNS嫌いなのか、いやフェイスブックがあえて表示しないのか、この迷いが消えません。(尋助)

【湖城の窓から】

「WA州と羊」

西オーストラリア(WA)州で1日に発生した大規模な山火事が拡大しています。今後数日間は収束しない恐れも出始めました。

今シーズンのオーストラリアの穀物は、豊富な雨を背景に豊作が期待されています。しかし、それはニューサウスウェールズ州など東部の話。WA州はまだ乾燥が続いていることが、この山火事で示されました。また、今週号のトップ記事で取り上げた羊でも、昨年末の生体羊価格は、国の東西で大きな差がありました。WA州での価格は、全国平均に比べ3割以上安かったのです。水価格や飼料価格が高騰し、利益率が低下する干ばつ下では、家畜の処分が起こりますが、WA州の農業は、まだそれに苦しめられていたことが分かります。

さて、家畜群の再建が始まった羊肉業界。豪食肉家畜生産者事業団(MLA)はポジティブな見解しか発表していません。しかし、今後家畜市場に出る羊の数が減り、価格も高騰し、食肉加工業界が調達できず低迷する、なんてことにならなければ良いのですが。数歩先を行く牛肉業界では、とうとう加工ラインを閉じる企業も出始めました。【ウェルス編集長】

【ウェルスのトリビア ~今週の紙面から~】

2020年のオーストラリア産ワインの中国向け年間輸出量は、前年に比べどうなったでしょうか ?(答えは記事中に)

 

アーカイブ

ウェルスのトリビア

生産高660億豪ドルと好調なオーストラリアの農業界ですが、なぜか輸出はふるいません。何故でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る