編集後記・湖城の窓から- vol.432

2019-12-20

【編集後記】

オーストラリアで友人の結婚式に出ました。式自体は15分で終わり、その後のレストランでの会食も新郎のスピーチがあるだけのシンプルな内容でした。余興や挨拶だらけの忙しい日本式とは違い、新郎新婦はご飯を食べながら参加者と雑談して楽しそうな様子が、オージー式もいいなあと感心しました。(花坊)

オーストラリアで植物園を歩くと、たまに人前式の結婚式が開かれています。緑と花の中で、新郎新婦の向こうにはバイオリン奏者が4人演奏しており、いい雰囲気です。最近は日本でも人前式が増えていると思いますが、広々とした場所で、見知らぬ人にも幸せな様子を見てもらえるオージー式もいいなあと感じました。(欣達)

オーストラリアでクリスマスパーティーに参加しました。ドレスコードがあり、礼服に蝶ネクタイで参加すると、あたかも結婚式の司会者みたいと評判でした。パーティーの方は大いに盛り上がり、会場を出るともう朝。ゴミ収集車が廻る時間でした。あのメカニカルなロボット・アームで天上高くゴミ箱が舞い上がるオージー式もいいなあと思いました。(尋助)

【湖城の窓から】

今週は最終号恒例のオセアニア重大ニュースを取り上げました。今年最大のニュースは、やはり干ばつ。水不足に起因する生産減が生産者を苦しめ、生産コスト高が食品小売価格の値上げにつながり、消費者にも影響を及ぼしました。

ただ、今回取り上げたもののほかに、今年ぜひとも挙げておきたいトレンドがもう一つあります。それはビーガンやベジタリアンといった菜食主義の浸透と、植物由来食品の発達です。今やオーストラリアの菜食主義者数は250万人と、総人口の約1割を占めるそうです。NZは10.3%になるという調査もあります。今や菜食主義は稀なものではなく多数の消費者に受け入れられた、主流の食文化の一つと見るべきなのでしょう。また植物由来タンパク質の関連事業を手掛ける食品企業も、枚挙に暇がありませんでした。これを今年の番外としておきます。

今年もご愛読いただきありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。(ウェルス編集長)

【ウェルスのトリビア ~今週の紙面から~】

オーストラリアの青果に対する需要が高まっている国は、日本と中国ともう一国あります。どこの国でしょうか? (答えはこちら

アーカイブ

ウェルスのトリビア

オーストラリア政府が計画している生鮮食品輸出に関する手数料の変更で、輸出コストは何%増加する見通しでしょうか?(答えはこちら

ページ上部へ戻る