編集後記・湖城の窓から- vol.436

2020-1-31

【編集後記】

新型コロナウイルスを警戒して、せっかくの3連休でしたが、どこにも出掛けませんでした。中国の春節やオーストラリアデーを祝いたかったのですが、人の多いところは気がひけてしまい、結局、近場でお花を買い、中華料理店で持ち帰った料理で祝い、何とも地味な連休になりました。今後ウイルスのワクチンが開発されますように。(花坊)

新型カローラが欲しくて、車を買い替えようかと思っています。カローラのハイブリッドです。昨年、住んでいる地域が豪雨で電気が遮断されて、陸の孤島と化したことがあり、使えるのは車だけでした。少しでもガソリンが節約できるなら、と思うようになりました。今後ますます省エネ車が普及していきますように。(西嵐)

新型キロロが好きで、流行るように願っています。沖縄出身の女性デュオ。この二人、ハードな仕事は好きじゃないとアルバムもあまり出さないとか。ハードな仕事はさせたくありませんが、沖縄出身者としてはもっとたくさん曲を作って欲しいと思
います。今後オーストラリアのラジオでも流れますように。(尋助)

【湖城の窓から】

中国を起点に拡大している新型コロナウイルスの影響で、世界最大級のロブスター輸出国カナダでも、ここ数日で中国向け出荷が停止されたようです。しかしオーストラリアと状況が異なるのは、かの地では価格低下が約2割で収まり、漁獲や集荷も続いているということです。輸出業者が「世界中に出荷は続く」と述べていますが、中国市場の比重が比較的小さいのでしょう。 カナダは米国という巨大市場が隣接するため、同一に論じることはできません。しかしオーストラリアやニュージーランドにとって、今回の混乱で中国一国への依存はリスクであり、市場の多様性が重要だということが明確になりました。 ASB銀行のエコノミストが「中国への依存から脱却できる機会は少ない」と述べていますが、ロブスター業界にとって今回がその機会になるかどうか。中国が買う価格で輸入する国は他にないそうなので、中国の存在感を再認識するだけにならなければよいのですが。(ウェルス編集長)

【ウェルスのトリビア ~今週の紙面から~】

上期決算が悪化したワイン大手のトレジャリー・ワイン、同社が業績悪化の原因として挙げているのは何でしょうか? (答えはこちら

アーカイブ

ウェルスのトリビア

オーストラリア政府が計画している生鮮食品輸出に関する手数料の変更で、輸出コストは何%増加する見通しでしょうか?(答えはこちら

ページ上部へ戻る