編集後記- vol.374

2018-11-2

ハロウィーンの時期、日本の友達のSNSは仮装やらイベントやらでオレンジと紫色で染まります。オーストラリアは一応キリスト教の国なのでさぞ盛り上がっているかと思われるのですが、街中でもハロウィーンの飾りつけは一切見かけず、まれに見かける仮装パーティーの参加者はたいていアジア人。もはやハロウィーンは日本の行事になりつつあるのかもしれません。(松子)

 

ハロウィーンの時期、いつも変だなと思ってしまいます。その欧米の文化自体は大いに結構なのですが、なんでそれを何の関係もない外国人が真似するの?ということです。単に白人文化崇拝でやってるような気がします。「仮装して街で無茶をする日」として根付きつつあるなら、それはそれでいいかもしれませんけれど。(西嵐)

 

ハロウィーンの時期、日本のサイトを検索すると、旬のカボチャを使ったレシピが多くヒットします。そういえば、日本にいた頃はコンビニのハロウィーン限定カボチャ味スイーツを一つ残らず試していました。こちらではこの時期旬でないせいか、カボチャの影は薄いです。ひょっとすると、日本のハロウィーンブームを支えているのは食生活なのかもしれません。(岩下)

最近のお知らせ

編集後記・お知らせ過去の記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る