編集後記- vol.376

2018-11-16

2大スーパーがレジ袋廃止を導入してから約4か月。導入前から基本的にバッグを持参していたため特に不便は感じなかったのですが、「BetterBag」と称される新しい有料のバッグは袋の口が横長で閉じにくいためゴミ袋代わりに使いにくく、処理に困っています。結局ゴミ袋を別に買う羽目になり、本末転倒な気がします。(松子)

 

2大スーパーの使い捨てレジ袋廃止は歓迎すべきですが、スーパーにとってはいささか環境イメージ向上以外にはあまりメリットがないかもしれません。というのも、スーパーは万引きが増えると懸念しているからです。不届き者にとって、万引きが発覚しても「バッグの商品を清算し忘れた」と言う口実を与えてしまうからです。難しいですね。(西嵐)

 

2大スーパーのレジ袋廃止は基本的に賛成ですが、廃止になってみると、いかに便利なものだったかと痛感します。外出中に、家に足らないものを思い出したり、ちょっとしたものが欲しくなってスーパーに寄ることも多いですが、大抵袋を持参してません。意地でも有料バッグを買うものかとパン、ヨーグルト、洗剤などを両脇に抱えて家路を急ぎます。(一波)

最近のお知らせ

アーカイブ

ページ上部へ戻る