編集後記- vol.418

2019-9-13

稲庭風、もしくは名古屋風と書かれているメニューをシドニーで見かけるのが多くなってきた気がします。稲庭風うどんを食べてみましたが、麵がのびてしまっていて、稲庭うどんにはほど遠く、名古屋風の手羽先は、名古屋人である自分からしたら味付けが違います。地方料理をなめている?そうかもしれません。(花坊)

 

日本風、もしくはアジア風のパン屋が最近、シドニーで多くなってきた気がします。菓子パンのような甘いパンや、フワフワのショートケーキが多いのが特徴です。ただし、これに眉をしかめる知人のオージーがいます。デカくて、かむごとに味が出る正統派のパンをなめていると思っているようです。なめている?そうかもしれません。(西嵐)

 

東風、もしくは南風というと最近、シドニーで麻雀をする人を多く見かける気がします。菓子パンのような甘い振り込みや、水をこぼして電動雀卓がショートすることが多いのが特徴です。ただし、これに眉をしかめる知人の中国人がいます。デカくて、かむごとに味が出る正統派の麻雀牌をなめていると思っているようです。なめている?そんなことありません。(尋助)

最近のお知らせ

アーカイブ

ページ上部へ戻る