NZと日本、「機能性食品」共同研究を支援

ニュージーランド(NZ)のビジネス・イノベーション・職業省(MBIE)と日本の科学技術振興機構(JST)は22日、「機能性食品」について、NZと日本による共同研究に助成金を支給する研究支援策を発表した。対象となるのはNZに拠点を置き、該当分野についてすでに日本の研究パートナーと協力関係を結んでいる研究チーム。

助成金を支給するのはMBIEとJSTが設立した戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)。3つの共同研究課題を採択し、それぞれについて2年間に研究費として最高40万NZドル(約3,464万円)を支給する。募集は10月20日まで。

両国間の研究者の派遣やシンポジウムの開催を含み、比較的規模の小さい共同研究を支援する方針だ。

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

オーストラリアのオーガニック食品業界の今年の成長率は、年何%と見込まれているでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る