第244品 ウエストモント・ピクルスのビア・ピクル

瓶に描かれたロゴが目を引きます

新型コロナを背景とした規制の緩和が徐々に始まる中、ここ2カ月にわたる自主隔離生活により週末の晩酌がすっかり日常化してきました。今回はスーパーマーケットで、酒の肴にぴったりのビール漬けピクルスを見つけました。

製造者であるウエストモント・ピクルスは、2人組のオージーがビールを飲み交わしながらアイディアを出し合い、創業に至ったそうです。オーストラリア産の素材にこだわり、ピクルスやチリソースなど、料理にパンチのある味わいを加える商品を小売店や飲食店に卸しています。

今回紹介する「ビア・ピクル」は、以前このコーナーで紹介した「ヤング・ヘンリーズ」というシドニーの醸造所とのコラボレーション商品。きゅうり、砂糖、塩、酢というシンプルな原材料に、ラガービールとホップを加え、酸味の中にビールの苦味を感じられる味わいとなっています。値段は1瓶7豪ドル(1豪ドル=約69円、価格は調査当時)。歯応えがよくそのまま食べてももちろんおいしいですが、タルタルソースに加えたり、ハンバーガーにはさんだり、色々な料理の引き立て役にもなりそうです。(岩下)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

シドニー郊外に住む中国人が、最低10人の仲間が盗んだ粉ミルクを安価で買い取り、中国に不法に送っていたことが分かりました。その中国人は判明時点までに、少なくとも何個の粉ミルクを送っていたのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る