第42品 ザ・ジュース・ラボのライブワイヤ

スーパーマーケットの飲料コーナーに行くと、野菜や果物が入った健康志向の飲料がやたらとたくさんあり、どれを飲めばよいか分からなくなるほどです。こうなると中味よりも、ボトルのデザインなどで選んでしまいがちですが、野菜・果物ジュースを製造するザ・ジュース・ラボは、見た目だけでなく、商品名にもこだわっています。

同社は野菜が中心で味を果実で調整したベジタブル・ジュースや、野菜から搾汁したプレスド・ジュース、冷凍果物や野菜をミキサーにかけたスムージーの3種類の飲料をいずれも4豪ドル(1豪ドル=約80円、価格は調査当時)で販売しています。

商品名は、ビートルートが主体の野菜ジュースが「Unbeatable(無敵)」、かんきつ系が中心で鮮やかなオレンジ色のプレスド・ジュースは「Rise and Shine(日の出と輝き)」など。購入時になんとなく元気が欲しかった筆者は、ブルーベリーなどベリー系果実が中心のスムージー「Livewire(送電線)」を選びました。リンゴ酢やゴールバンで生産されたナシも入り、少しひねった甘さで気に入ったのですが、名前のようなビリビリとした衝撃はありませんでした。(頼徳)

 

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

上場計画を再始動したカキの養殖会社イースト33によると、シドニーロックオイスターの価格は上昇していますが、過去5年間で何%上昇したでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る