第54品 スナック・ブランズ・オーストラリアのサンボイ

オーストラリアを代表する食品ブランドが相次いで外資に買収されていますが、塩味スナック菓子業界で2位のスナック・ブランズ・オーストラリアも今後、フィリピンの菓子最大手ユニバーサル・ロビーナ(URC)の傘下に入ります。今回取り上げるのはそのスナック・ブランズ・オーストラリアのポテトチップブランド「サンボイ(Samboy)」です。1950年代に誕生したサンボイ。当時はバーベキュー味しかありませんでしたが、今では複数の味が楽しめます。

選んだのはバーベキュー味。持ち歩きサイズの45グラム入りで1.50豪ドル(1豪ドル=約77円、価格は調査当時)です。ポテトチップは概して塩味が強いイメージがありますが、このバーベキュー味は優しめな味付けで「懐かしい」感じがします。

このサンボイ、アトミック・トマト味の販売が打ち切られた時期もありましたが、根強いファンに支えられ、2008年にはブランドを刷新し、アトミック・トマト味も復活しています。

サンボイの包装には、誇らしく「100%オーストラリア資本」と書いてあり、同社が得た利益はオーストラリアに還元されるとまで書いてあります。しかし、フィリピン企業の傘下にいったん入れば、それもできなくなります。今度はどんなデザインになるのでしょうか。(葉羽)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

小売り大手ウールワースが、ある事業の分離・上場を計画しています。それは何の事業でしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る