第96品 「T2のフレーバーティー」

価格は100 グラムで14 豪ドル(1豪ドル=約83 円、価格は調査当時)

シープスキンブーツやオーガニックコスメと並んで今やオーストラリア土産の定番となった、「T2(ティー・ツー)」のお茶。1996年にメルボルンの小さな専門店から始まった同ブランドは、今では豪州とニュージーランドに40店舗以上、他にもお茶の本場イギリスやニューヨーク、シンガポールなどにも進出しています。

紅茶だけでなくフルーツやハーブなどをブレンドしたフレーバーティーや、チャイ、中国茶、緑茶、抹茶など世界中のお茶を取り扱っており、試飲コーナーが充実しているのも人気の理由。店内の什器はすべてシンプルな黒で統一されている一方、パッケージやティーグッズなどの商品はカラフルでコントラストが効いており、ティーショップにつきまとう古風なイメージを一新するという同ブランドの戦略がうかがえます。

今回試したのは「Shimmer Punch」というフレーバーティー。リンゴやブルーベリーなどの甘い果実の香りにわずかにリコリスなどを加えることで、さっぱりとした味わいになっています。あまりに種類が多くて購入するときに迷ったのですが、T2のスタッフは皆フレンドリーかつ知識も豊富で、「クセのない味だけど、アロマ気分で楽しめる良い香りのもの」という筆者のリクエストに見事合致する商品を選んでくれました。(松子)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

メルボルンのスタートアップ、バーディーが、ハエの幼虫を使ったゴミ処理ビジネスを展開しています。さて、このエコビジネス、処理過程で発生するのは水と何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る