豪州のツナ缶

豪州に来て驚いたことの一つは、ツナ缶の種類の多さだ。日本ではノンオイルや食塩無添加など淡白な味のものばかりだったので、豪州のスーパーで種類ほどの様々な味のツナ缶を見つけたときは色々な味を試そうと、大量買いをしたものだ。
サラダやパンと一緒に食べても美味しいが、味がしっかり付いているので、そのまま食べても満足感が得られる。筆者のお気に入りはレモン・ペッパー味だ。日本ではツナ缶はサラダなどに使用され、脇役のような存在だが、豪州での食事ではツナ缶の存在感はもっと大きい。
ツナ缶でほかに驚いたことは、缶詰からそのまま食べる豪州人の姿だ。ランチとしてツナ缶をそのままフォークでつついている姿を見て、失礼だが初めは猫用のエサを食べているのかと勘違いしてしまったほどだ。ただ筆者も今では猫になり、抵抗なく缶詰をつついているのだが。(豪々)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

豪中間の貿易摩擦で多大な影響を受けているワイン業界ですが、減少した中国向けの穴を埋める形で急増したワイン輸出先があります。さてどこの国でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る