自家製納豆

シドニーから約4時間ほど車で走ったタムワースの農場で獲れた大豆をいただいた。
その大豆を一晩水に浸けた後、分ほど茹でてお湯を切り、その直後に冷凍納豆を少し加えてかき混ぜる。そのカップを冷まさないよう、お湯を入れた鍋の中に浮かばせておき、軽くフタをしておく。すると、朝になったらうっすらと白い膜が張っている。納豆菌の繁殖だ。そしてしばらく冷蔵庫に入れて繁殖を抑えると、自家製納豆の出来上がり。
自分で作った(?)納豆は、実においしい。なんだか粘り気が足りないような気がするが、気のせいにしておこう。納豆菌に着目して最初に食用化した先達の日本人には頭が下がる。
ところでこの納豆、豊富な栄養分や整腸作用で知られているが、納豆菌が水源の汚泥処理や砂漠の緑化、さらには生物農薬にも活躍できるとして研究が進んでいるという。豪州やニュージーランドの農場に、納豆菌が使われる日が来るだろうか。(駑馬)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

南オーストラリア州のワイナリーが米国市場に進出します。彼らがキャンペーンを行う予定の米国最大のワイン販売サイトの名前はワインドットコム。では、世界で最もダウンロードされているワイン購入アプリは?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る