エジプト料理「コシャリ」

エジプトに「コシャリ」という料理がある。ご飯やパスタ、豆などを混ぜて、中東風のスパイスが効いたソースをかけて食べるものだ。庶民食で安く、筆者がエジプトに遊学していた学生時代によく食堂で食べたものだ。
かれこれもう20年経って、そのコシャリをどうしても食べたくなったが、どの中東料理レストランのメニューにもない。それが最近、自宅の近くにエジプト人が経営している加工食品店を見つけた。尋ねると、後日コシャリを作ってくれるというので驚喜した。
さて、できあがったコシャリ。一口食べて「確かにこんな味だった」とは思うが、なぜか20年ぶりだというのに感動していない自分に気が付いた。まるで先週食べたかのようだ。
どうしても再びと願ったコシャリをついに食べることができた途端、あの懐かしいコシャリはどこかに行ってしまったような不可解な感覚。思い出は美しいまましまっておいた方がよかったのかもしれない。(西嵐)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

食品業界で流行の概念「クリーンラベル」とはどういった概念でしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る