マンゴー

マンゴーを初めて食べたときのおいしさが忘れられず、いつか好きなだけマンゴーを食べたいと思い続けていた。パプアニューギニアを訪れて、鈴なりになるマンゴーを見た時、自分の願いがかなうと確信した。

さっそくマーケットで買い、近所の人からもらい、毎日マンゴーを食べ続けたある日、突然の発熱に見舞われた。パプアにはマラリア蚊がいる。とうとうマラリアにかかったのかと治療薬を飲んだが、一向に良くならない。

そんな自分を見て、近所のおばさんが「マンゴーをたくさん食べたんじゃない?」と言う。彼女によると、自分の症状は単にマンゴーの食べ過ぎらしい。マンゴーが村に溢れる季節になると、マンゴーを食べ過ぎた子供は熱を出して風邪のような症状を見せるとか。後で調べると、マンゴーはウルシ科の植物で、刺激の強い果物ということだ。「うまいものには毒がある」という言葉を改めて思い出した。(頼徳)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

上場計画を再始動したカキの養殖会社イースト33によると、シドニーロックオイスターの価格は上昇していますが、過去5年間で何%上昇したでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る