リンゴをかじる

外国産リンゴが過剰に流入してしまうとして、豪州国内は生産者から消費者まで不安を隠せないでいるようだ。外国産のリンゴは見た目がやや異なることもあり、いろいろと議論を呼んでいるようだ。
新聞には、中国産リンゴは「赤くも青くもないリンゴで変だ」といったようなことが書かれていて苦笑させられる。日本でリンゴを見慣れている側からすると、 豪州産のリンゴはむしろ赤すぎたり、青すぎのような気もする。また、かじって食べる分にはいいのだろうが、皮をむいて食べるにはやや小さい。
好まれる味や形というのは地域によって違うが、たかがリンゴでも、されどリンゴだ。外国産のリンゴが今後もっと流通するようになるとしたら、たとえ大きなリンゴでも、持ち歩いて道端でかじるという豪州人特有の光景は見られるのだろうか。(豪々)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

上場計画を再始動したカキの養殖会社イースト33によると、シドニーロックオイスターの価格は上昇していますが、過去5年間で何%上昇したでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る