100号を迎えて

本誌「ウェルス」は今週号で、おかげさまで100号を迎えました。前身の「豪州農業ニュース」が創刊された2008年から数えて、6年目となります。

創刊時のオーストラリアは長い干ばつの最中にあり、当時の豪州農業ニュースを振り返ると、水問題が度々取り上げられていました。その後多雨の年が続き、穀物が過去最高の生産量になるなど、農業が再び活発になってきました。

距離的に近いアジアとの結びつきを強化し始めているオーストラリアとニュージーランド。日本との協力関係も農業分野で深まっていくことでしょう。

両国の農業は今後、自由貿易協定(FTA)の締結などを通じ、ますます日本の企業や社会に縁の深い存在になると確信しています。本誌はオーストラリアとニュージーランドで事業を行っている日本企業、政府機関に役立つ農業情報を充実させていきたいと思っています。今後も応援のほどよろしくお願いいたします。

ウェルス編集長・米山亜里沙

 

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

大幅な組織改革をしたセブンイレブン。その効果はある商品の開発期間の半減で明らかになったそうですが、その商品とは何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る