オーガニック

友人女性が、軽いアレルギー体質のまだ幼い娘のために新しい食事療法を始めた。炭水化物をなるべく控え、必要な栄養素は肉、野菜、魚、乳製品などから採るという。また医者の勧めにより、ほとんどの食材をオーガニックに切り替えた。

オーガニックといえばほかの食材に比べ価格が割高なのはもちろん、一般のスーパーでは品数も限られている。そのため友人は欲しい食材が見つからなければ、40分間運転して専門店に足を運ぶこともあるとか。また、食材のパッケージ表示も注意して見るようになったそうで、牛肉の場合では栄養価のより高い粗飼料で育てられたものを選ぶようにしていると聞いた。

友人いわく、普通の価格の3倍もするオーガニック食材を使っても、時に娘は駄々をこね食べてくれないこともあるとか。しかしお金や労力で体質が改善できるのであれば、まったく問題ではないと笑う。母は強しだ。(芽依)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

蒸留酒メーカーのラーク・ディスティリングが、タスマニアに3カ所目となる蒸留施設を取得しました。これにより、同社は以前から計画していたあることを、前倒しで実行するそうです。さて、それはどんなことでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る