コリアンタウン

シドニー西部ストラスフィールドには韓国系の店が集まっている。飲食店はもちろん、雑貨屋や美容院、歯科医、眼鏡屋、携帯ショップなど、かなりの割合で韓国人経営なので、昨日ソウルから来た人でも安心して生活できる。

息子と2人でレストランに入り、歩道に近い席に座ってメニューを見ていると、男の子を連れたおばあさんが立ち止まり、開いていた窓越しに韓国語で話し掛けてきた。子ども同士が知り合いかと思って息子に聞くと、知らないという。

困っていると、こちらのテーブルを指さし、「ムル」がどうとか言っている。ムルは、自分が知っている数少ない韓国語の「水」である。のどが渇いている孫のために水を一杯もらえないか、ということのようだった。グラスに水をついで窓越しに渡すと、男の子に飲ませ、笑顔でグラスを返してくれた。

店内で歩道から見知らぬ人に話し掛けられたのは初めてだったので、いささか動揺したが、どこか牧歌的な体験だった。(城一)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

小売り大手ウールワースが、ある事業の分離・上場を計画しています。それは何の事業でしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る