野菜や果物の品種改良や栽培方法の進化で、オーストラリアでも季節を問わず食べたいものが手に入るとはいえ、やはり旬の恵みのおいしさは格別だ。

リンゴがおいしい時期なのでアップルクランブルでも作ろうと、手頃な価格になっていたバケツ1杯分のグラニースミスを購入し、かついでよたよたと歩きながら帰った。さっくりした食感と酸味が特徴の青リンゴで、糖度は低いが過熱すると甘みが増し煮崩れしにくいことからお菓子作りなどの調理用として使われることが多い。カットした断面の酸化や変色が比較的進みにくいタイプで、サラダなどでもよくお目にかかる。グラニースミスは自然交配で偶然生まれた国産品種だが、オーストラリアでは国民の嗜好なのか酸味を楽しむ果物が多く出回っている。

日本では果物を水菓子と呼ぶこともあり甘みが強いものが好まれるため、糖度が増すように品種改良することが多いそう。国により違った旬の味を楽しめるのは消費者にとってうれしいところだ。(甘藍)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

メルボルンのスタートアップ、バーディーが、ハエの幼虫を使ったゴミ処理ビジネスを展開しています。さて、このエコビジネス、処理過程で発生するのは水と何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る