食品廃棄削減を!

近年、先進国を中心に食品廃棄が社会問題となっている。もちろんオーストラリアも例外ではなく、政府発表の統計によると、食品廃棄量は年間400万トンに上り、国内経済への損失額は年当たり200億豪ドル(1豪ドル=約85円)になるという。

そこで最近、話題を集めているのがフードシェアリング・アプリの「Ywaste」だ。廃棄を減らしたい飲食店と食品を安く購入したい利用者をマッチングするアプリで、店舗側が値引きした食品をネット上に掲載し、購入者が閉店間際に店舗まで取りに来る仕組み。さっそく利用してみたが、普段10豪ドル以上する地元のインド料理屋のカレーが、たった5豪ドルで購入できた。

欧米では既に同様のアプリが浸透しているようだが、オーストラリアではまだ始まったばかり。食品廃棄の削減に向け、店も購入者も社会貢献ができることから、このコンセプトが国内でも徐々に広まることを願う。(香佳)

関連記事

編集後記・お知らせ過去の記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る